トップページ >実際に淹れてみました

ラティシマでエスプレッソ・ルンゴを淹れてみました。 画像つきで紹介しています
電源を入れて1分程でスタンバイ状態となり、エスプレッソを淹れる事が出来ます。
ボタン1つで簡単に本格的なエスプレッソを楽しめるのが魅力です。
スイッチポン!スタンバイボタンが赤く点滅します。スタンバイ状態になると、点滅が消えて準備完了(右)
まずは、カプセルをセットしない状態でお湯だけを出します。同時にカップをあたためる事が出来ます。
上部のフタをあけ、好みのカプセルをセッティングします。(フタを閉める時、少しだけ力がいります)
カップのお湯を捨て、セッティング。エスプレッソ(左)ルンゴ(右)。スタートボタンを押し、抽出開始!
ゴポポポポ…と抽出の音。ふわ〜〜〜っとコーヒーのいい香りが広がります。
ふわふわしたクレマがしっかりと立っています。適量で自動的にストップします。抽出完了。
お好みでシュガーとミルクを入れて(私は両方)いただきます!


抽出後、上部のフタ(レバー)を開けると、使用済みカプセルはカプセルコンテナに排出されます。
コーヒーをいれ終わったら、最後に湯通しをして スイッチオフ。
とても簡単にコーヒーをいれる事が出来ました。
手間をかける事なく美味しいエスプレッソを楽しむ事が出来ますよ。